border1

トップページ > 浮気の対処法

浮気の対処法

正しい浮気の対処で無事解決

◆浮気の疑いを持つ
ふとした変化や兆候から浮気の疑いを持ちます。早い段階での発見が出来ないと、何の証拠もないまま離婚を切り出されるという最悪の事態も考えられます。
あやしい浮気の兆候

浮気解決法

◆状況証拠を集める
相手はどんな人物か?本当に浮気しているだろうか?といったところから状況証拠を収集します。
この後浮気調査を依頼する際にも、動きがつかめていればピンポイントで調査が出来る為リーズナブルです。
自分でできる証拠収集
どうしても、浮気の真偽や相手の情報、行動予測が付かない場合はこの段階で浮気調査を依頼することとなります。
浮気調査とは

浮気解決法

◆有効な証拠を確保する
浮気調査を依頼して、確実な証拠を確保します。万が一話し合いがこじれた場合(シラをきり通された等)にも、法的な場に進めば浮気を認めざるを得ない証拠を確保しているという状態が、話し合いの切り札となり、早い段階での話し合いでの解決ともなります。
法的に有効な証拠とは
浮気調査とは

浮気解決法

◆話し合いへ
浮気をやめさせる、浮気相手から慰謝料請求する、良い条件で離婚する、真実がわかればそれでよい、等々求める状況は様々ですが、状況証拠や決定的証拠をつかんでいれば話し合いを有利に進められます。
誓約書・内容証明

浮気解決法

◆話し合いがまとまらない場合
折り合いがつかない場合調停・審判・裁判へと法律に委ねることとなるますが、しっかりと証拠があれば心配することはありません。

浮気解決法

◆解決
可能な限り最良の形で解決することができます。

対応を誤ってしまうと・・・

◆何もしなかった場合、違和感は感じていたものの考えないようにしていた時に突然、浮気相手に夢中になってしまったパートナーから、浮気を切り出され、何も対抗できずに離婚してしまうことがあります。
浮気の決定的証拠をつかんでいると、法的に離婚を退けることも、離婚に応じて金銭的に優位に別れることも出来ます。

◆何も証拠が無く問い詰めた場合浮気を認めればまだ良いですが、浮気を認めさせることが出来なければ、別れさせることも別れることも難しくなります。そのうえ警戒心が強くなり、自分で状況証拠を集めることも、調査依頼をすることも難しくなることがあります。





◆決定的な証拠が無い状態で問い詰めた場合、「仕事であっただけ」「メールでやりとりしただけで会ってない」など夫(妻)にシラをきり通されると、不貞にはならず泣き寝入りとなってしまうことがあります。
決定的な証拠があれば、裁判をしても無駄だということが夫(妻)も浮気相手も分かり、浮気をやめさせる、浮気相手から慰謝料請求する、良い条件で離婚する、などが可能です。



◆話し合いの時点で認めていても、金銭問題等でもめて調停などの場に移ったとたんに、浮気を認めなくなった場合、法的な証拠がないので浮気(不貞)を立証できないということもあります。


※上記は必ずそうなるということではなく、そういうケースもあり得るということです。勿論、探偵に浮気調査を依頼することなく、素直にパートナーが間違いを認めて、謝罪する、離婚の保証を最大限にする、浮気相手も間違いを認め慰謝料を支払うという形で、解決する方も大勢いるかと思います。
しかし、パートナーや浮気相手が開き直ってしまうこともあり、その場合に決定的な証拠が役に立ってきます。浮気調査は真実の追究だけでなく、うまく解決しない可能性への保険と言えるのです。

東京安心リサーチへお気軽にご相談ください

探偵/興信所/東京/渋谷区/大田区/世田谷区/港区/品川区/目黒区/中央区/千代田区/台東区/文京区/新宿区/中野区/杉並区/練馬区/板橋区/北区/足立区/江東区/江戸川区/墨田区/豊島区/荒川区/葛飾区/神奈川/埼玉/千葉